2015年01月26日

BMWE46後期318電気系の異常

BMW E46後期318電気系の異常

BOSCHの方がいろいろとテスターをかけたりチェックをしてくださいましたが,診断としてはミスファイヤーが1番,2番,3番と出ており,それ以外のエラーは一切ないので,やはり点火系(コイル,プラグ)ではないかとコイルとプラグは昨年の8月末に,まず最初に交換していますが,手持ちの診断機では相変わらず3番のミスファイヤーを検知します昨日,センサー交換の帰りにコンビニに立ち寄り,エンジンを再始動しようとしたところ,セルが回らず,焦ってインパネを見ると,ライトスイッチがOFFになっているにもかかわらずインパネのランプが点灯しており,更にヘッドライトも点灯していました。(コンビニのガラスに映っていたので気づいた)

キーをOFFにしてから再び始動すると今度は問題なくかかり,その後は今まであった2000~2500rpmあたりでの微振動(ミスファイヤー?)もなく,スムーズに吹け上がりましたただし,その絶好調状態が続いたのは10分ほどで,またチェックランプが点滅しましたが・・・

また,その時からコンポの音が出なくなってしまい,イルミネーションが勝手に切り替わるなど不可思議な現象が起こっています電気系で心当たりがあるとすれば,購入後に社外品のHIDとキャンセラーを取り付けたことぐらいですが,それが原因で電気系に異常をきたし,さらに点火に異常が起こるということは考えられるのでしょうか点火系が原因と考えたときに,コイルではないとするとハーネスかECU本体ということになりますが,それらのエラーをチェックすることはできるのでしょうか画像は,手持ちの診断機でノックシグナルをモニターしたものですが,四番のみ高い数値が出ています。4番のエラーはBOSCHでは検知されなかったのですが,もしかして逆に1~3番の数値に異常があるのでしょうか?

また,社外品のHIDを取り付けてエンジンが不調になったという経験がある方(まずいないと思います・・・)がいらっしゃいましたら,どのように対処されたかも参考にお答えいただけると助かります昨年1月に購入し,1年弱で35000kmほど乗っております現在、部品待ちの状態で、とりあえずオルタネーターを交換しようと考えていますHID キセノンランプ取り付け後、ラジオの入り具合が極端に悪くなりました。ライトを点灯するとひどいノイズで、場所によっては聞こえるようになるのですが、ほとんど聞こえない状態になりますネットで検索してみたところ、確かにHIDのバラストからのノイズが原因でECUが誤作動することがあるようですので、オルタ交換後にまずはHIDを取り外してみたいと思います一度エラーが起こってしまったECU(DME)はリコーディングしないとダメでしょうか?

オクで同年式のDMEを見つけてあるので、最悪、差し替えをしてみたいと考えています。  

Posted by Anna at 15:41Comments(0)TrackBack(0)日常

2015年01月26日

愛猫なーさんの成長記録! ~なーさんのダイエット~

今日は、なーさんの体重測定結果を綴ります。

推定1歳5ヶ月のなーさん。
先月のワクチン接種で
先生に肥満宣告をうけてからダイエットを決意しました。

愛猫

大好きなおやつも控えて
ごはん以外は、猫草デス。

ごはんの量も、
これまでより少なくしています。

あれから約ひと月が経ち、
いよいよ体重測定をしてみましたよ。

愛猫

体重計にのってもらい
ピピっと電子音が響いたあと、おそるおそる計測結果を見てみると…

な、なんと!

3.9キロ
…まさかの100グラム増でした(-´ω`-。)ガク

はぅー、
先生、なーさん、ごめんなさい。

まだまだ、
ごはんの量が多かったんですね。






  
タグ :愛猫

Posted by Anna at 15:38Comments(0)TrackBack(0)日常

2015年01月07日

「純正」並みに規制強化へ国交省

「純正」並みに規制強化へ国交省

自動車や二輪車のマフラー(消音器)の交換や改造で生じる騒音への苦情が相次いでいることから、国土交通省は交換用マフラーの騒音規制を強めることを決めた。交換用マフラーは出力向上やドレスアップのために車用品店などで売られ、愛好者も多い。対象は08年1月以降に製造される製品で、国交省はかなりの騒音低減につながると期待している国内の市販車に標準装備された「純正品」のマフラーは、走行中や加速中の騒音にも規制がある。しかし、交換用は停車状態で測る騒音の基準を超えなければ車検を通る基準をクリアしているとして「適法」をうたう製品も多いが、実際は走行中や加速中の基準を超えるケースが見受けられる。国交省が乗用車の交換用マフラー63製品を調べたところ、半数近くが基準を超えていたこのため、国交省は道路運送車両法の施行規則などを改正し、交換用マフラーも純正品と同様に走行中や加速中の基準をクリアしなければ市販品として認証せず、車検も通らないようにする。騒音を抑える装置をマフラー内から簡単に外せる製品の使用も認めない1月31日まで国民からの意見を募ったうえで、7月に導入する予定。現在、使用中の車は対象外となる。また、排気量250cc以下のオートバイやバイクも規制対象にする方向だが、車検がないため実効性が課題となる交換用マフラーの販売数の正確な統計はないが、国交省は年間数十万本販売されているとみている。国交省の電話相談窓口に寄せられる自動車関連の意見・苦情の約4分の3を排気騒音関連が占めることから、同省と環境省が規制強化を検討していた朝日新聞より

今度はコレですよ・・・

言いたい事はいっぱいあるので、私の意見も国民の意見として聞いてもらわなければ!

なんでも規制、規制か?

モラルの低下と言うよりは、スポーツカー以外でもマフラー交換する車種が増えて、その連中が大きな顔してコンビニとか夜中のサービスエリアでたむろしているのが「目立つ」から

変なクレーム団体まで出来てしまったんですよね国交省の苦情って、同じ人が何度も何度も嫌がらせのようにしてるので、

苦情を聞くほうも大変ですねただ騒音問題は騒音おばさんが逮捕されたりとか、重要なポイントなのは理解します新幹線とか高速道路とかもいろいろ言われますしね自動車産業で成り立っている日本の車は全てエコ&無音の時代が来るのでしょうか?オーテル スキャンツール


そろそろ機械いじりの人生を辞めようかと思ってしまうくらいです。  

Posted by Anna at 21:18Comments(0)TrackBack(0)日常

2015年01月06日

「レクサス」でスマホ向け情報提供サービスを開始

「レクサス」でスマホ向け情報提供サービスを開始

トヨタ自動車は24日、高級車「レクサス」のパソコンと携帯電話向け情報提供サービスを、スマートフォン(高機能携帯電話)に対応し、今月発売する新型セダン「GS」シリーズから提供を始めると発表した走行距離や給油後の平均燃費、警告灯の点灯履歴など車両情報を参照できる従来のサービス内容に加えて、スマホ向けとして「eケア」と「G-カスタマイズ」の新機能を追加したeケアは、車載専用通信機を通じて車両コンピューターの情報を定期的に取得し、バッテリーなど消耗品の劣化やエンジンオイル量の不足などを通知するまた、G-カスタマイズでは、自動点灯ライトのセンサー感度や車速感応式ドアロックの開閉の設定を、スマホを通じて変更することができる。BMW ICOM
  

Posted by Anna at 16:08Comments(0)TrackBack(0)日常

2014年12月21日

車屋が業者オークションから引っ張った車を購入

車屋が業者オークションから引っ張った車を購入

新しい車検証を見てみると平成21年車検時の走行距離が41000km、平成23年走行距離が96000kmと記載されていました。これはメーター改ざんされているんですかね?

21年~23年走行距離が多すぎるし、ディーラーにてバッテリー交換した日付走行距離のシールには22年45000kmと表示されています。オークション事態もちゃんとしているし、出品した業者も走行距離については何も記載してなかったみたいです23年車検時にうち間違えた可能性はないですかね?分かる方教え下さい補足51000kmと言う事で購入しました。現在車体は車屋にあり、全塗までして昨日車検証をみて車屋も気づいたみたいです。まだお金は払っていません。キャンセルしてもいいし、大幅に値下げもするとの事です。足回りやエンジンはとても10万km以上走っている車に見えません。うち間違いだといいのですが(>_開錠工具 LISHI ピック


23年の車検時に間違えた可能性はあります陸事に出向いて車検をやった経験がある方ならわかると思いますが記録簿の距離は書類への記載が申告制です。字が汚く読み間違えることもしばしばです。4と9を見間違えたかあるいは申告をした方の字がヘタだったかと推測されます百の位は書かないので正確ではないですがね心配ならユーザーが陸事に出向き相談されてはいかがですか?

23年の車検証記載の走行距離の値だけおかしいのですがと質問してみたほうが良いと思いますよこのまま放置して25年の車検の際にはメーターの戻し扱いに書類上はなってしまうこと間違いないですからね。もしもメーター改ざん車だと次回下取りに出すことは考えないで下さいしかし、下取りや買い替え時に査定0でも構わないならまだまだ使用可能ですそもそも農機具などのエンジンには当然トリップメーターなどは付いておりませんかなりの使用頻度でも機械と言うものは長持ちするものなのですですが、しっかりしたオークション会場仕入れでしたら車を返品することは可能です。  

Posted by Anna at 10:36Comments(0)TrackBack(0)日常

2014年11月19日

初夏・百花明緑の園 〜ヤギと日時計とアイスコーヒー〜

昨日、家族で緑うつくしい公園に行ってまいりました。
日向は暑いけど、日陰に入って風が吹けば、最高に気持ちいい。
そんなゆるゆるな休日を、写真でご紹介。

それでは、どうぞ〜

初夏・百花明緑

風が葉を揺らす。葉のこすれる音と木漏れ日がここちよい。

百花明緑の園



  

Posted by Anna at 19:04Comments(0)TrackBack(0)日常