2014年12月21日

車屋が業者オークションから引っ張った車を購入

車屋が業者オークションから引っ張った車を購入

新しい車検証を見てみると平成21年車検時の走行距離が41000km、平成23年走行距離が96000kmと記載されていました。これはメーター改ざんされているんですかね?

21年~23年走行距離が多すぎるし、ディーラーにてバッテリー交換した日付走行距離のシールには22年45000kmと表示されています。オークション事態もちゃんとしているし、出品した業者も走行距離については何も記載してなかったみたいです23年車検時にうち間違えた可能性はないですかね?分かる方教え下さい補足51000kmと言う事で購入しました。現在車体は車屋にあり、全塗までして昨日車検証をみて車屋も気づいたみたいです。まだお金は払っていません。キャンセルしてもいいし、大幅に値下げもするとの事です。足回りやエンジンはとても10万km以上走っている車に見えません。うち間違いだといいのですが(>_開錠工具 LISHI ピック


23年の車検時に間違えた可能性はあります陸事に出向いて車検をやった経験がある方ならわかると思いますが記録簿の距離は書類への記載が申告制です。字が汚く読み間違えることもしばしばです。4と9を見間違えたかあるいは申告をした方の字がヘタだったかと推測されます百の位は書かないので正確ではないですがね心配ならユーザーが陸事に出向き相談されてはいかがですか?

23年の車検証記載の走行距離の値だけおかしいのですがと質問してみたほうが良いと思いますよこのまま放置して25年の車検の際にはメーターの戻し扱いに書類上はなってしまうこと間違いないですからね。もしもメーター改ざん車だと次回下取りに出すことは考えないで下さいしかし、下取りや買い替え時に査定0でも構わないならまだまだ使用可能ですそもそも農機具などのエンジンには当然トリップメーターなどは付いておりませんかなりの使用頻度でも機械と言うものは長持ちするものなのですですが、しっかりしたオークション会場仕入れでしたら車を返品することは可能です。


この記事へのトラックバックURL

http://cargogo.fukuokablog.jp/t5521
上の画像に書かれている文字を入力して下さい